So-net無料ブログ作成
検索選択

【かきつばた記念】ティアップワイルド重賞2勝目! [競馬情報]

 29日の名古屋10Rで行われた第15回かきつばた記念(4歳上オープン、交流GIII、ダート1400メートル、11頭立て=クイックリープは出走取消、1着賞金=2100万円)は、石橋脩騎手騎乗の1番人気ティアップワイルド(牡7歳、栗東・西浦勝一厩舎)が直線2番手から抜け出してV。重賞2勝目を手にした。タイムは1分26秒4(良)。

 愛知の快速馬サイモンロードが外から果敢にハナを奪い、快調にペースを刻む。人気のティアップワイルドは控えて2番手。好位にセレスハント、ダノンカモン、ダイショウジェットら中央勢がつける。サイモンロードの逃げ脚はなかなか衰えず、4コーナーでも差を詰めたのはティアップワイルドのみ。直線に入ると、石橋脩騎手の左ムチにこたえてティアップワイルドがグイッと伸び、最後は2馬身の差をつけて優勝した。サイモンロードはゴール寸前で力尽き、外から猛追した2番人気のダノンカモンが2着。サイモンロードはアタマ差の3着に終わった。

 ティアップワイルドは、父ワイルドラッシュ、母フォーティエース、母の父フォーティナイナーという血統。北海道浦河町・小林仁氏の生産で、田中昇氏の所有馬。通算成績は34戦11勝。重賞は交流GIII兵庫ゴールドT(12年)に次いで2勝目。西浦勝一調教師、石橋脩騎手ともにかきつばた記念初勝利。







サンケイスポーツ 4月29日(月)17時8分配信

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。