So-net無料ブログ作成
検索選択

【天皇賞】怪物フェノー悲願G1初V!オルフェ、ジェンティルに挑戦だ [競馬情報]

 「天皇賞(春)・G1」(28日、京都

 同期のライバルを撃破して、ついにG1タイトルを手に入れた。2番人気のフェノーメノが直線で早めに先頭に立つ、横綱相撲で完勝。関東馬のG1・3連勝を決めた。次戦はオルフェーヴル、ジェンティルドンナも参戦を予定する宝塚記念(6月23日、阪神)。天皇賞馬として、堂々と頂上決戦へ向かう。2着に3番人気トーセンラー、3着には英国馬レッドカドー。単勝1・3倍の断然人気を集めたゴールドシップは得意のまくり戦法が不発に終わり、5着に沈んだ。

 最終4コーナー。ステイゴールド産駒同期2頭の姿は、まさに対照的だった。手応え良く内からロングスパートをかけた蛯名&フェノーメノに対して、内田博&ゴールドシップは馬群の外めで追い通し。直線でも両者の差は詰まらない。伸び悩むライバルを尻目にフェノーメノが独走で、悲願のG1制覇を成し遂げた。

 昨年のダービーを鼻差で逃したレース後は、人目をはばからずに涙を見せた蛯名。昨秋の天皇賞でも半馬身差に泣いており、「勝てる力がありながら勝たせてあげられなかったからね。ホッとしています」と、まずは安堵の表情を浮かべ、パートナーの成長を第一の勝因に挙げた。「ジャパンCの後に休ませたのが大きい。古馬らしく精神的にドッシリした。休ませるというのは勇気がいるもの。決断が素晴らしかった」。その時が来ることを信じて我慢を貫いた関係者を褒めたたえた。

 先頭に躍り出た愛馬を後押しするかのように、戸田師は大声を張り上げた。いくら突き放しても油断はできない。これまでの惜敗があるだけに、トレーナーにとっても、これ以上の感激はなかったに違いない。「昨年は悔しい思いをしましたからね。G1のゴールは遠い。先頭でゴール板を過ぎるまでハラハラしていましたよ」と興奮冷めやらぬ様子で振り返った。京都競馬場では、01年の厩舎開業から実に73戦目での初勝利。「これで悪い流れは払拭できましたね」と喜びを爆発させた。

 次走は宝塚記念。雪辱に燃えるゴールドシップだけでなく、オルフェーヴル、ジェンティルドンナも待ち受ける。「3歳時は幼さがあった。それが解消された今は、調教でやったことが全て実になっている。次はもっと強い馬も参戦する。ステイゴールドの子は成長力があるし、堂々と戦える馬に育てたい」。指揮官はそう言って表情を引き締め、蛯名は「いずれはぶつかる相手。頑張っていい競馬をしたい」と前を見据えた。

 馬名はポルトガル語で“怪物”の意味。現役最強馬決定戦となる初夏のグランプリを制して、真の怪物誕生をアピールしてみせる。




デイリースポーツ 4月29日(月)9時0分配信

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。