So-net無料ブログ作成

【天皇賞・春】フェノーメノ、4度目の挑戦で初G1 [競馬情報]

 ◆第147回天皇賞(春)G1(28日・芝3200メートル、京都競馬場、良) 好位で進めた2番人気のフェノーメノ(蛯名)が、4角先頭の積極策で押し切って優勝。4度目の挑戦で、念願のG1初制覇を果たした。2着は、1馬身1/4差でトーセンラー。3着には、英国のレッドカドーが入った。単勝1・3倍の1番人気に推されたゴールドシップは、直線で伸びず5着に終わった。

 左手で何度も作ったガッツポーズが、蛯名の喜びの大きさを物語っていた。検量室前で出迎えた戸田調教師の胸に飛び込んで、感激を分かち合う。待ち続けていた大きな1勝。フェノーメノが、ついにG1タイトルを手に入れた。

 戦前は、ゴールドシップの「1強」と予想されていた。だが、勝てる感触はあった。2周目の3コーナー手前。先に仕掛けたトーセンラーに合わせて、スパートを開始した。「ゴールドシップが、まくってくると思ったから、それに合わせて動こうと。先にトーセンラーが来たから、動かざるを得なかったけど、手応えは十分あった」と蛯名。7番手から一気に位置を押し上げ、4コーナーで先頭に立つ。“主役”のお株を奪うロングスパートで、後続の追い上げを封じ込んだ。

 戸田調教師の目は、涙でぬれていた。「うれしい。重みを感じる。G1のゴールが遠かったので、トーセンラーが追い込んできて、一瞬ドキッとした」。鼻差で逃したダービー。1番人気に推されながら、2着に敗れた昨秋の天皇賞。悔しい思いを重ねたぶん、喜びが押し寄せた。

 ジャパンC(5着)のあと、有馬記念には出走せず放牧へ。4歳初戦の日経賞までの4か月の休養で、大人のサラブレッドになった。「昨年は、レース中、ところどころで怒っていたが、日経賞では全くなかった。落ち着きが出て、幼さが取れた」と戸田師。今年に入ってからは、併せ馬で外を追走させる回数を増やした。精神面の成長があればこその快走だった。

 “トップ3”の一角を倒し、オルフェーヴル、ジェンティルドンナが待つ宝塚記念(6月23日、阪神)へ。凱旋門賞(10月6日、仏ロンシャン競馬場)に登録するプランもある。「大事に使ってきたから、伸びしろがある。まだ、もっと強い馬はいるが、頑張って、いい競馬ができれば」と蛯名は夢を膨らませる。馬名の意味は、ポルトガル語で「怪物」。競馬界で大きな存在になるためのチャレンジは、これからが本番だ。



スポーツ報知 4月29日(月)7時3分配信

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。